経験者が語る!自分に合った永久脱毛を見つけるために知っておくべきこと

女性にとって切っても切れない問題であるムダ毛問題。

カミソリや毛抜きで地道に自己処理をする方法もありますが、肌への負担や一生ついて回る問題であることを考えると、なるべく早く脱毛の悩みからはおさらばしたいものです。

でも全身脱毛は決して安い買い物ではありません。どういった観点でサロンやクリニックを選べばよいのか悩みますよね。

そこで今回は医療レーザー脱毛と脱毛サロンの両方で脱毛経験のある私が、自分に合った全身脱毛を選ぶポイントについてご説明したいと思います!

医療脱毛とエステ脱毛の違いは何?

そもそも一般に医療脱毛の方が効果が高いと言われているのはなぜなのでしょうか?違いは、毛根に照射する威力が医療レーザーの方が強いからです。

エステ脱毛の光と医療脱毛のレーザーでは、毛根に光を当ててダメージを与えるという仕組みは同じです。

しかし医療脱毛はレーザーで毛根を破壊するため、一度破壊された毛穴から毛が生えてくることはないと言われています。一方エステの光脱毛ではレーザー脱毛ほど威力がない機械を使うため、毛根部分に光を当てて毛の成長を抑える働きにとどまります。このためエステの光脱毛は「除毛」や毛を少なくする「減毛」というのが正しい表現です。

また医療脱毛も理論上永久に生えてこないと言われていますが、脱毛自体の歴史が長くないため永久に毛が生えてこないことが実証されているわけではありません。

脱毛サロンで永久と言えないカラクリ

もし脱毛サロンで「永久に毛が生えてこない」と謳うところがあれば、そのサロンは要注意です。

なぜなら強いエネルギーで毛根部分を破壊する行為は医療行為とされ、医師以外行うことができないと法律で定められているからです。(2001年に厚生労働省より通知)

ですので、脱毛サロンで永久に毛が生えてこなくなるといった表現はできませんし、厳密に言うと脱毛サロンで永久脱毛はできません。

脱毛サロンでも永久脱毛に近い状態にすることは可能

とは言っても、脱毛の効果に深く関係している「回数」を数多くこなせば脱毛サロンでも永久脱毛に近い状態を作り出すことは可能です。

ただ、エステ脱毛で扱う機械は医療行為とみなされない程度の出力の弱い機械でなくてはなりません。そのため毛が細くなれば細くなるほど、毛根に作用しにくくなり根気強く通い続けることが必要となります。

医療脱毛とエステ脱毛の特徴

医療脱毛

メリット:確実に毛根を破壊するため効果は確実で早い、医師が行うためトラブルに対応できる

デメリット:費用がかさむ、痛みが伴う

回数(自己処理がいらなくなる程度):2ヶ月おきに通って6回前後

費用(全身脱毛の場合):35万前後

期間(全身脱毛の場合):約1年

エステ脱毛

メリット:費用が安い、痛みが少ない

デメリット:長い期間通う必要がある

回数(自己処理がいらなくなる程度):2ヶ月おきに通って12~18回前後

費用(全身脱毛の場合):20万前後

期間(全身脱毛の場合):約2~3年

通う回数については、生え変わりの周期と言われている2ヶ月おきに通った場合を想定しています。もし予約が取れずに周期がずれてしまった場合は、脱毛完了までさらに期間が長くなることとになります。

両者に言えるデメリット

毛深さや効果については個人差があるため目安の回数より多く通わないと効果が実感できない人もいます。

また、「予約が取りづらい」という点も人気のクリニックやサロンによく起こる現象です。特にワキ脱毛や部分的に破格の値段でキャンペーンを行っているところはその傾向が強いため注意が必要です。

全身脱毛の場合は1回の施術時間が長いため、人気のところでは3~4ヶ月前から予約しておかないと希望の日程を押さえられないというところも!一定の周期で定期的に通うことが重要な脱毛において、脱毛場所の立地や予約の取りやすさというのは予想以上に大切です。

自分に合う全身脱毛の選び方!時間や手間も大事な資産!

ここまで、

  • 医療脱毛とエステ脱毛の違い
  • それぞれの特徴、メリット・デメリット

などを見ていきましたが、残念ながら万人に合う脱毛方法というのは存在しません。

  • 捻出できる予算
  • 毛深さ
  • 期間(通う手間)
  • 満足できる脱毛具合
  • 痛みの許容範囲・体質

など、数ヶ月~数年かかる脱毛だからこそ上記のような項目から自分にあっている脱毛方法を総合的に考える必要があります。

また、脱毛し始めてから自分のこだわりや好みに気づくこともあります。

医療脱毛・エステ脱毛に向いている人ってどんな人?

それぞれにメリット・デメリットがあることを踏まえると、どんな人がどちらに向いているのか見ていきましょう。

医療脱毛

  • 多少値段が高くても短期間で確実に効果を出す方が魅力に感じる人
  • 肌が弱い・常用薬がありいざとなったときに医師に対応してもらいたい人

→働いているOLさん、忙しくて脱毛に時間を割けない人

エステ脱毛

  • 数年通うことが手間に感じず、安い方がよいという人
  • 痛みに弱い人

→数年先まで通えることが想定できる大学生、主婦の方など

筆者の体験談:エステ脱毛後、医療脱毛に切り替えた理由

筆者は脱毛を始めた当初、

  • 脱毛の費用は安ければ安いほど良い
  • 身体中のムダ毛というムダ毛を根絶してツルツルにしたい
  • 痛いのは嫌だ

と思いエステ脱毛からスタートしました。

しかし、実際に通い始めてみてみると

  • 何度も通うのがわずらわしさ
  • 予約が取りづらく脱毛周期を逃してしまう
  • 毛が細くなるほど効果を感じにくい

という点にデメリットを感じ、徐々に脱毛をやめてしまいました。

やめた後も数年してムダ毛が気になってきたため、今度は多少高くてもいいから効果の実感できる医療脱毛に挑戦してみることにしました。

医療脱毛を試してみて、

  • 痛いけど耐えられる痛み
  • 確実に毛が減っていく
  • 少ない回数で済む

という点に魅力を感じ、医療脱毛で別の部位の脱毛も行いました。

また完全にツルツルになるまで脱毛したいと思っていましたが、ワキ・うで・スネ・Vラインなど主要部分のムダ毛が8割くらい減った時点で満足したため、脱毛を完了しました。

医療脱毛の両方を試してみて、

「脇・腕(ひじ下)・スネ(ひざ下)・Vライン」などの体のメイン部分を脱毛できればいいのか、

「胸・お腹・指・背中・お尻・うなじ」など、細かい部分の脱毛もこだわりたいのかによってかかる費用も異なります。

実際に自己処理の回数が減り、ムダ毛も産毛のようになって気にならなってくると完璧につるつるにしたいわけではなかったことに気づきました。

費用について、やはりエステ脱毛と比べると割高に感じましたが、結局短期間・少ない回数で済んだためコストパフォーマンス的にも悪くないと感じました。

実際に私より少し後にエステの全身脱毛を始めた友人がいました。

羨ましいなと思ったのは、

  • うなじ
  • 背中

などの細かい部分も脱毛できるところです。

ただ、私が脱毛してからも回数は減っているもののその後2年ほどエステ脱毛に通っていました。

時間や手間も大事な資産であるため、地道に数年間通うことが手間に思うかそうでないかというのも脱毛において大事なポイントだと感じました。

脱毛を終えた今ではあれだけ煩わしかったムダ毛のことを意識することはほとんどないため、やってよかったと心から実感しています。

まとめ

今回は全身の永久脱毛について

  • 医療脱毛とエステ脱毛の違い
  • 永久脱毛の定義
  • 医療脱毛とエステ脱毛の特徴、メリットデメリット
  • 自分に合う全身脱毛の選び方

などを見ていきました。

おさらいすると、

  • 毛根細胞を破壊する医療行為ができるのは医師がいる医療脱毛のみ
  • 永久脱毛は一生毛が生えないと保証するものではないが、医療脱毛は理論上可能であり、
  • エステ脱毛は回数を重ねることで近い状態にすることはできる
  • 早く確実に結果を出したい人は医療脱毛、安価で気長に数年通うことを手間に感じない人はエステ脱毛が向いている

ということがわかりました。

  • 全身脱毛はある程度の期間を要すること
  • 他の美容代と違い、始めてしまえば1~2、3年で完了すること

などから、できるだけ早い段階で始めてしまうのがその後の手間を考えるとお得に感じます。

周りに実際に脱毛を行っている友人知人がいれば直接話を聞くことも有効ですし、自分がどの点を一番重視したいかわからない場合は1箇所から始めてみるのも大切だと思います。

自分に合った脱毛方法を見つけて、ストレスの多い毛の問題から1日も早く抜け出せることを願っています。