VIO脱毛したい女性からの質問「ブラジリアンワックスでトラブルなく脱毛できる?」

name

VIO脱毛をブラジリアンワックスでしたいのですがトラブルなく脱毛することは可能でしょうか?

ブラジリアンワックスでVIOのセルフ脱毛をしている方に質問です。

毛が太いため、痛みと処理後の出血等が怖くて出来ないのですが、そう言ったトラブルはありましたか?

また、上手く処理するコツを教えてください。
引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13194236043?__ysp=44OW44Op44K444Oq44Ki44Oz44Ov44OD44Kv44K5

name

ブラジリアンワックスを使用したいなら広範囲よりも少しずつの範囲で試してみて

39歳 ナユ 無職

私も相談者さんと同じで毛が太く、脱毛をすると血が出てしまうことがあります。私は、残っていたワックス剤がもたいないと思ったのを理由に数回我慢して行いましたが、あまりの痛さと皮膚がダメになってしまうのではないかという不安から止めてしまいました。

なので、今も持続しているというわけではありませんが、自分が行なっていた時に感じたことをお話ししたいと思います。ブラジリアンワックスは、1本1本抜く脱毛方法ではなく、ワックス剤を皮膚にまで塗らなければなりません。

脱毛処理する際、毛穴だけでなく皮膚も一緒にひっぱられるので、もちろん刺激を与える方法です。

私は、もともと皮膚が弱いこともあったので、使用1回目から毛穴からの出血と皮膚に反応が出てしまいました。それなのに数回ではありますが、繰り返しの使用‥。

まず、出血してしまった毛穴は、膿んでしまったりということはなかったものの色素沈着を起こしてしまい、脱毛を考えていた時よりも悩みになってしまいました。

その後色素沈着は、美白効果のあるスキンケア商品を使用しなんとか元の状態に戻しましたが、私はもうやりたくないと感じています。私のように肌が弱い人だけでなく、脱毛自体、肌に負担をかける行為であることだということは忘れずに。

特にデリケートな部分でもありますし、ただ手軽だということだけで処理方法を決めない方がいいと思いますよ。ですが、やはりブラジリアンワックスを使って脱毛をしたいのなら広範囲をいっぺんに処理しようとするのではなく、数本ずつ処理を進めるようなつもりでちょっとずつ行うのをオススメします。

まず、自分の肌や毛質にあったものなのかが問題なので、デリケートな部分の処理を行う前に他の部分で試してみるのも先決かと思います。私が合わないなりに痛みや刺激を軽減していた方法は、まず処理する部分の毛を1cmほどにカットしておくこと。

コレは、VIO処理だけでなくすね毛や腕毛などにも共通して言えることです。短すぎても取りにくいのですが、長すぎてしまうと肌とワックス剤の密着が悪くなり、毛が切れてしまい毛根からきちんと脱毛できないということが起きてしまいます。

そして先ほども話しましたが、広範囲いっぺんに行ってしまうとなかなか力も均等にかからず、コレも毛が途中で切れてしまう原因にもなります。

均等に力が入れやすくするためにも少し手間はかかりますが、少しづつ丁寧に行うのがいいのかと思います。

name

コツをつかめば激しい痛みや処理後に出血するのは非常に稀です

28歳 つるつる 自由業

ムダ毛を根元から抜くことができ、一本一本処理する毛抜きよりも手間がかからないことから、ブラジリアンワックスの需要は高まっていますね。

専用サロンやクリニックに行く時間がなかったり、VIOを人に処理してもらうのは恥ずかしいからと、セルフ脱毛する方も増えています。しかし、初めての方は剥がすときの痛みや、もし肌が傷ついて血が出てしまったら、という心配があるのではないでしょうか。

脱毛箇所がデリケートなだけに、躊躇している方も多いようです。ブラジリアンワックスというのは、ムダ毛とワックスを密着させ、ワックスを剥がす時に一緒に毛も取り去るという手法を用いています。

ワックスは皮膚にもくっつきますが、細いムダ毛よりも密着度が低いため、剥がす時には毛だけが剥がれていくことになります。しかし、粘膜に近い部分や肌の弱い方がブラジリアンワックスを使うと、剥がす際に痛みを感じる場合もあります。

痛みは剥がす間のほんの一瞬なので、剥がしたあとに氷水に浸してしぼったタオルなどでアフターケアをすると、痛みや赤みを軽減させることができます。痛いのは辛いかもしれませんが、ブラジリアンワックスは普通に生えている毛を引っこ抜く形になるので、無痛にすることは難しいと言えます。

剥がす段階はすぐに終わってしまいますし、一度剥がしたらしばらく処理しなくても大丈夫なので、ちょっとの辛抱です。もしどうしても心配なら、事前に粘膜から遠いところを小さな範囲でテストすることをおすすめします。

VIOから少し離した箇所で、ムダ毛が少ない、あるいは細い、皮膚の厚みがあるような場所を選びます。パッチテストのような感じでやってみて、大丈夫そうなら徐々にVIOに近づけていくのです。

痛みがひどかったり、皮膚が傷つくようなことがあれば、無理にVIOの処理に移らず、ワックスの種類を変えるか、別の脱毛法に切り換えましょう。

脱毛時の痛みは毛の太さによっても異なります。当然ながら、毛がしっかりしているほど、また脱毛箇所が粘膜に近いほど痛みは大きくなります。さらに、痛みが増幅する原因の一つに、ワックスとムダ毛がしっかり絡まっていない、というものがあります。

ムダ毛が一部しかワックスと密着できていないと、毛をただ引っ張るような感じになってしまい、スムーズに抜けなくなってしまうのです。ですから、ワックスとムダ毛を馴染ませることが、痛みを予防する鍵となります。

コツを心得てワックスを上手に使えば、激しい痛みや処理後に出血するのは非常に稀です。ブラジリアンワックスは世界的にも人気の脱毛法ですので、綺麗な肌をゲットする気持ちで、どうか怖がらずに挑戦していただきたいです。

name

VIO脱毛には抑毛クリームや抑毛ローションが安全

32歳 zuxidyu7 フリーランス

毛が太いと処理に時間かかるし、もし痛みだけではなく出血してしまったらと考えると怖いです。

お金がなかったり、何度も生えてくるとセルフで脱毛をついしてしまいます。ブラジリアンワックスでセルフ脱毛をすると出血するかどうかというと、結果としては出血のトラブルを招くこともあります。

どこから出血するのかというと毛穴から出血し、毛の根元には毛細血管があります。毛細血管は細く出来ており、体の各隅々まであるのが印象です。この各隅々の中に毛の根元も含まれています。

毛の処理が上手くいかない場合痛いと感じたときに抜いてしまうと傷になってしまい、毛細血管から血が出てしまいます。その結果トラブルが起きてしまいます。

この痛みを感じたときというのは特にどんな場合かというと肌が荒れているときです。肌が荒れていると肌を触ると痛いし、当然毛の根元やその付近も荒れています。肌が弱っている状態で無理やり処理をしてしまうと余計に肌だけではなく血管まで傷をつける原因となってしまいます。肌が荒れている場合は無理な脱毛はしない方がおすすめです。

そもそもブラジリアンのワックスに肌を傷める作用があります。だからブラジリアンワックスで行うときのVIO脱毛に注意をしなければいけません。むしろ肌が弱い人はブラジリアンワックスではなくもう少し弱く出来ている抑毛クリーム、もう少し欲がある人は抑毛ローションを使うことをおすすめします。こちらの方が肌を傷つける心配も少なくブラジリアンワックスよりはいいです。

もしどうしてもブラジリアンワックスを利用したい場合は、毛を剃った後に必ず保湿やケアを行うことを忘れないようにします。これを怠るといつまで経ってもひりひりしてお風呂に入るのも嫌というほど痛めてしまいます。ブラジリアンワックスでも油性のものより水性のものを使う方が肌も荒れにくくどうしても使いたい場合はこちらをおすすめします。

確かにデリケートゾーンで毛が太いと恥ずかしいし、気になってしまいます。だから余計に剃りたいと思いますが、抑毛クリームでも抑毛ローションでもデリケート専用と書かれているものやデリケートな場所でも使えると書かれているものを使うことに注意を置くことが大切です。

肌をしっかり保つことで毛の根元にも刺激を与えにくいし、肌が傷つく場所も少なくなります。今肌の状態がかなり弱っているなら今は何もしないで先に肌の状態を治すことも考えた方がいいです。