脱毛テープで肌トラブルがあった女性からの質問「脱毛テープの粘着剤の剥がし方が知りたい」

name

脱毛テープの粘着剤の剥がし方を教えてください

脱毛テープの粘着剤がなかなか取れない。
エピラットという脱毛テープで昨日の夜に足と腕の脱毛をしたのですが
足が所々赤くなっており薄く粘着剤の跡が見えています

脱毛した後は特にベタつきもなく大丈夫だと思っていたのですが・・・
まさか粘着剤が付着しているだなんて思わなかったので今日2時間程お風呂に浸かってしまい
お風呂あがりに赤くなっていることに気が付きました

剥がそうと試みたもののなかなか剥がれなくて困っています
今は痒みはないですが放置し続けたら被れますよね(–;)

脱毛テープの粘着剤の剥がし方について何か良い方法があれば教えて下さい お願いします!
引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14109893419?__ysp=6ISx5q%2Bb44OG44O844OX

name

ワックス専用のクリーナーを使用するのが正解

39歳 マーちゃん 無職

相談者さんのご使用になっているエピラットに限らず、脱毛テープはワックスが塗布されていているシートを脱毛したい箇所に貼り付け、一気に剥がすのですが、毛が長が過ぎたりするとうまく肌に密着せず、テープと肌の中に空気など入ってしまいきれいに抜けずにワックスが肌に残ってしまうことになります。

貼り慣れていないうちは、よれてしまうこともありワックスが肌に均一に密着していない可能性があります。

脱毛テープはどうしても痛みが伴うものです。私も経験がありますが、力加減も慣れないうちは、痛いのではないか‥という気持ちから思い切って力をうまく入れられず、ワックスが肌に残ってしまう原因になります。

残ってしまったワックスの落とし方ですが、落とそうとするとどうしても石けんやボディソープなどを使いがちですが、石けんの袋や箱、ボディソープのボトルの裏に記入されている注意書きを確認してみてください。

吹出物や肌荒れなどの肌トラブルが起きている時には使用を控えるようにとあります。脱毛後の肌や毛穴は、脱毛したことで刺激を受け炎症を少なからず起こしているので、まずこういったもので普段カラダを洗うように洗いおとそうと処理するのは炎症をよりひどくしてしまう可能性があり、ワックスの間違った落とし方と言えます。

ワックスを拭き取る用のクリームやワックス専用のクリーナーなどがあるので使用するのが正解なワックスの落とし方になります。

コストとしては余計にかかりますが、無理に取らず、本来は脱毛テープを使用する前に用意しておきたいアイテムですね。

相談者さんは、脱毛テープを使用後、所々であっても赤くなっている箇所があったとのこと。それはより強い炎症反応を起こしてしまったのでしょう。

肌の状態が戻るまで脱毛テープの使用をストップするのは絶対ですが、脱毛後、2時間もの入浴でさらに肌を温めてしまい、炎症を悪化させてしまったのかもしれませんね。

処理後はなるべくカラダを温めるのではなく、軽くシャワーで済ませましょう!

脱毛した箇所は、冷水などを当て肌のクールダウンをするのも炎症を抑える方法として適していると思います。

清潔にするのは、色素沈着や埋没毛になってしまうことを回避するためには大切なことですが、脱毛後の正しい処理は肌トラブルを招かないために重要だと覚えておいてください。

私は、脱毛後の処理を適切にできなく肌トラブルに悩まされ、ムダ毛が目立つ以上の悩みができてしまいました。

name

アルコールやエタノールを使って優しくとって下さい

36歳 もこちゃん ウェブライター

脱毛テープで粘着剤がとれないということですが、その場合にはエタノール、アルコールなどを肌につけて優しく拭きとることできれいに剥がせますよ。

エタノールやアルコールは薬局に売っているので気軽に手に入れられます。

無理やり手で剥がそうとするのは肌に負担が大きいのでやめることをおすすめします。摩擦のせいで色素沈着など肌にダメージを与えてしまいます。

粘着剤がとれないと不安から焦ってしまいますが、決して無理やり剥がそうとしないことです。あくまでも、肌にダメージを与えないように優しくアルコールやエタノールを使ってとってあげてくださいね。

粘着剤は肌についたままですと、やはり肌にはよくありません。相談者様も肌が赤くなってしまったとおっしゃっていますが、放置をしておくのは肌を傷めてしまうのでおすすめしません。

肌の炎症がひどくなり、最悪肌に跡が残ってしまう場合もあるので、できるだけ早く取り除くようにしましょう。

また、脱毛テープを使用することはそもそも肌への負担が非常に大きいです。今回の相談者様のように粘着剤がとれなくて炎症してしまうということもあります。

しかし、それ以外にも肌を傷めてしまう原因が粘着テープにはあるので気をつけて使わないとなりません。

粘着テープを肌に貼って剥がし、無理やり毛根からムダ毛を引き抜いてしまうので、毛穴が開きやすくなります。開いた毛穴から細菌が入ってしまったら、今回の相談者様のように赤く炎症してしまう危険もあるのです。

また、肌の乾燥もひどくなる可能性があります。粘着テープを使用することで埋没毛が増えて、肌に黒いブツブツができてしまい汚く見えてしまうことだってあるのです。

ですから、粘着テープを使用する際にはこのようなリスクがあることを頭に入れておかなければなりません。今回のように粘着剤が肌についてしまって剥がせないということもあります。

これからも粘着テープを使用してムダ毛処理をするのでしたら、使用した後は保湿クリームや化粧水などをつけて肌のケアをするのを徹底した方がよいでしょう。

粘着テープを使用した後、何も肌を保護せずにいたら傷んでしまいます。

今回の粘着テープの粘着剤を剥がす際にも、アルコールやエタノールできれいに剥がした後は必ず保湿クリームを肌に塗ってケアをすることをおすすめします。

アルコールやエタノールを肌に使用することで乾燥しやすくなってしまうからです。

特に今は肌が炎症していると思うので、その症状を一刻も早く鎮静化させるためにも、肌を優しくいたわってあげてくださいね。