カミソリで脱毛している女性からの質問「シェービング前後で気をつけるポイントが知りたい」

name

カミソリでの脱毛って肌が荒れますか?どのようなケアをしたらいいでしょうか?

ムダ毛処理について。
つい最近までカミソリで泡もボディクリームも付けずに剃っていました。
でも、肌が荒れるので自分の部屋でボディクリームを塗ってカミソリで剃ってティッシュで拭う(取る)というふうにしようと思ってます。
あったかいタオルで拭って冷たいタオルで引き締めた方がいいってスマホで検索した時に書いてあったんですが、そこまですると毎回大変なのでティッシュで拭ってボディクリームを塗って終わろうかなと思ってます。
それでも効果はありますか?ティッシュよりも濡れたタオルの方がいいですか?
それから、ムダ毛処理をする際に気をつけた方がいいことも教えてください!
お願いします!
引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14191235319?__ysp=44Og44OA5q%2Bb

name

剃り終わったら必ず保湿が大切!

43才 はる 専業主婦

ムダ毛の処理って本当に大変ですよね。私も肌がとても弱いのに毛深いので、毎回ムダ毛のお手入れには苦労しています。

ムダ毛の処理をし始めた時は、お風呂に入ったときに、泡立てたボディソープを処理する箇所につけてのばし、カミソリで一気に剃るということを繰り返していました。

でも、剃り終わったら必ず、痒みを伴う赤い発疹が出て、どうしても掻きむしってしまい、せっかくムダ毛を綺麗にしても、お肌が傷だらけになってしまっていました。

そして、美容に詳しいお友達に相談をしたんです。そのお友達は、化粧品関係のお仕事をしているので、お肌のトラブルや、お肌を綺麗に保つ方法をよく知っていました。

本当は、カミソリを使って除毛することは、お肌には良くないそうです。

でも、エステで永久脱毛をする余裕も勇気も、私にはなかったので、なんとか自宅で手軽にでき、お肌も荒れずに済むムダ毛処理の方法を教えてもらいました。

①カミソリは必ず良いものを使い、定期的に新しいものに取り替える。

私は、刃の部分に固形石鹸がついている女性専用のカミソリを使うようにしました。そして、その石鹸が溶けてなくなる頃には、刃を取り替えるようにしています。

②お風呂の中で剃らず、お手入れの前には専用のジェルかクリームを使いお部屋などで除毛する。

お風呂でお手入れをすると、雑菌が多いので、お肌に良くないそうです。湯船のお湯で洗い流すのも、処理した直後に湯船につかるのも不衛生です。

また、ボディソープは刺激になるので、必ず除毛専用の保護するクリームなどを使う方が良いです。

③剃り終わったら、温かい蒸しタオルで拭い、綺麗にする。もしくは、ぬるま湯で洗い流す。

私は、蒸しタオルを毎回用意するのが大変だったので、ぬるま湯で洗い流すようにしました。

④剃り終わったら、必ず保湿剤を使い、お肌に潤いを与える。

これはした方が良いです。剃り終わってそのままにしていると、私のような敏感肌は、ズボンが触れたり、汗をかいたりしただけで、痒みが生じ、お肌が荒れてしまいます。

ただでさえ、カミソリでお肌にダメージを与えているのですから、保湿剤でお肌をケアしてあげなければいけません。

⑤生理中や体調の優れないときの除毛はやめる。

これは、大切なことです。私は、生理中に処理をするといつもよりお肌が荒れます。

やっぱり、具合が悪いときはお肌にも影響があるのでしょうね。お友達から、この5つのポイントを教わりムダ毛の処理をし始めてから、お肌が荒れることが減りました。

私は、カミソリで剃ったあとは、洗面所に行きシャワーでぬるま湯をかけて洗い流しています。そして、綺麗なタオルで押さえるように丁寧に拭いています。

この方法はいかがでしょうか?

name

処理する前と処理する後に肌への保護を忘れずに

36歳 もこちゃん ウェブライター

カミソリはムダ毛を処理すると同時に、肌表面も刃で削ってしまうので、炎症や乾燥などの肌荒れを起こしてしまうリスクがあります。

ですから、クリームなどを何もつけずにカミソリで処理するのは肌を傷めるのでおすすめできません。

クリームをあらかじめ肌に塗っておくことで、肌表面に膜ができてカミソリの刃から肌を守ることができます。

クリームでカミソリの滑りもよくなるので処理しやすいというメリットもありますよね。

自分の部屋でボディクリームを塗ってカミソリで処理した後にティッシュで取る方法は、何もつけずに処理するよりはよいと思います。

しかし、相談者様が調べた通り、できれば温かいタオルで拭き取ってから冷たいタオルで引き締めた方がより肌にはよいです。

いくらクリームを塗ったとしても、どうしてもカミソリで処理をすれば肌に刺激を与えてしまいます。

ティッシュで拭き取るという行為は、肌表面をこすって刺激を与えてしまうのでカミソリの刃の刺激よりは弱いですが、それでも肌への負担になってしまいます。

ただでさえ、カミソリでの処理で肌が敏感になっているのに、さらにそこからティッシュで刺激を与えてしまうとあとで炎症や乾燥を起こしてしまいます。

ホットタオルで優しく拭き取ってあげれば、クリームを落としやすいですし、ティッシュよりも肌への負担が少ないです。

また、ホットタオルで毛穴を一度開かせて、そのあとに冷たいタオルで引き締めれば、毛穴もキュッと締まって刺激による毛穴開きを防ぐことができますよ。

時間がなくてどうしてもできないという時には、ティッシュでも仕方がないと思いますが、肌のことを考えるとやはりホットタオルや冷たいタオルを使った方がよいと思います。

カミソリを使ってムダ毛処理をする時に気をつけることは、使うカミソリを清潔に保つことです。汚れや雑菌がついたままだと肌に炎症や感染症をもたらしてしまう場合があります。

刃は定期的に取り換えるのがおすすめですよ。

また、カミソリで自己処理をする前にクリームを塗るだけでなく、剃り終わった後にも保湿クリームを塗って肌を保護することが重要です。

カミソリを使用した後の肌はいつもよりも敏感になっていて乾燥しやすい状態になっているので、保湿をしっかりとしてあげることで肌への負担を少しでも和らげることができますよ。

カミソリでムダ毛を処理する時には、処理する前と処理する後に肌への保護を忘れずに行うことでリスクを抑えることができるでしょう。

name

皮膚のゴールデンタイムの時間帯はシェービングは避けましょう!

31歳 MOL 群馬

だんだん気温も高くなり、肌の露出も増えてくる時期でお手入れは必須ですね。

まず、お手入れのタイミングから見ていきましょう。お手入れのベストタイミングですが、意外にも入浴後がベストです。

お風呂でのお手入れは効率的ではありますが、実はあまりオススメではありません。ボディーソープや石鹸を付けてのお手入れは、必要な皮脂を奪って乾燥を招くため、乾燥による肌トラブルが起こる恐れがあるからです。

また、実はお風呂場には意外に雑菌が多く、衛生面からもオススメできません。特に、何もつけずに剃る「空剃り」は、肌を傷めてしまうので絶対にやめましょう。

お肌のことを考えるのなら、お風呂上がりにお手入れすることをオススメします。次にお手入れの方法です。お風呂からあがって、化粧水などで保湿してからシェービングを行います。

シェービングの前に、ジェルやクリームで肌を濡らし、毛を寝かせます。ワセリンなどでもよいでしょう。特に皮膚が敏感な顔やデリケートゾーンは簡単に傷ついてしまうので、たっぷり塗りましょう。

毛の流れに沿って、足であれば膝からくるぶしに向けて剃っていきます(順剃り)。カミソリでムダ毛を剃る時は、毛の流れに沿って優しく剃ります。逆剃りは、肌トラブルの原因になるのでやめましょう。

この際、あまり力を入れずに、そっと撫でるような力加減でやるとカミソリ負けを起こしにくくなります。

カミソリでお手入れをするとき、毛は柔らかい方が剃りやすいので、蒸しタオルを当てて毛根から毛を柔らかくする方法もよいですね。

この、毛を柔らかくするというステップは意外と疎かにしがちですが、肌へのダメージをできるだけ抑えたい方は、必ず行うようにしましょう。

そしてアフターケアとして、濡れタオルなどで少し冷やし、最後にまた保湿してあげるという流れがベストです。面倒ですが、上記の方法が一番肌へのダメージが少ない方法です。

そして、お手入れ際の注意点として、何度も同じ箇所をシェービングしないというものがあげられます。カミソリは、ムダ毛と一緒に肌の角質を削ぎ落としてしまいます。

削ぎ落とされた肌は乾燥し、毛穴が開くと汚れが溜まりやすくなって黒ずんでしまうこともあります。その為、ムダ毛を処理したあとは、どうしても摩擦で肌が弱くなっています。

お手入れ後は、アフターケアを必ず行いましょう。なお、何度も同じ箇所を剃ってしまう原因に、カミソリが古くなっている場合もあります。

刃が古くなっていると、剃りにくいだけでなく肌へのダメージも大きくなるので、10回ほど使ったら刃を交換するとよいでしょう。またカミソリを使ったあとも、お風呂場等に放置せずに、乾いた状態でキープすることも大切です。

そして、皮膚のゴールデンタイムと呼ばれる22時から深夜2時までの時間帯は皮膚の再生が高まっている時なので、お肌のことを考えるとお手入れは避けた方が無難です。

また、日焼けした後や生理中なども皮膚が敏感となっているので、お手入れは避けた方がいいでしょう。